慢性広範痛症患者にはビタミンD欠乏症が多い


観察研究のメタ解析。結果:1,854人のCWP患者からなる12の研究。患者群は対照群よりも有意にビタミンD欠乏症の危険性が高かった (crude OR, 1.63; 95% CI, 1.20 - 2.23).交絡因子で補正すると、その関連は少し軽減し、統合した補正OR は1.41 (95% CI, 1.00 - 2.00).診断的な低い血清ビタミンDの値 (8 and 10 ng/mL)を用いるとビタミンD欠乏症のORsは増加した.性別とCWPの定義によるサブグループ解析では、群間には有意差はなかった。メタ回帰によると標高と補正していないORsの間には直線的な関連はなかった。まとめ:ビタミンD欠乏症とCWPの間には正の補正していない関連があり、その関連は交絡因子で補正しても維持されていた。ビタミンD欠乏症(8 - 10 ng/mL)のカットオフ値を使用するとCWPの人とそうでない人をより良く定義できる。ビタミンD欠乏症とCWPの因果関係を明確にするためにさらなる前向き経過観察研究が必要。
Pain Physician. 2015 Sep-Oct;18(5):E877-E887.
Is Serum Hypovitaminosis D Associated with Chronic Widespread Pain Including Fibromyalgia? A Meta-analysis of Observational Studies.
Hsiao MY1, Hung CY2, Chang KV1, Han D1, Wang TG3.
•1Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital, Bei-Hu Branch and National Taiwan University College of Medicine;
•2Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital, Chu-Tung Branch;
•3Department of Physical Medicine and Rehabilitation, National Taiwan University Hospital and National Taiwan University College of Medicine, Taipei, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:34 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line