抗うつ薬による肥満


方法:AustraliaのNew South Walesの人口に基づいたコホート研究であるthe 45 and Up Studyからの45歳以上の20,751人の参加者の2時点での自己報告の体重により年間の体重の変化のパーセンテージを計算。ベースラインの前19カ月から経過観察(平均 = 3.3年の経過観察)の終わりまでの、リンクした投薬データで確かめた抗うつ薬の使用、を現在の使用、過去のみの使用、非継続的又は非使用に分類。抗うつ薬使用と体重変化の関連を抗うつ薬の種類、最近であること,期間と投与量に基づきロジスティック回帰を用いてモデル化した。結果:研究期間の間に抗うつ薬は参加者の23% (n = 4748) で調剤. 現在の抗うつ薬使用は非使用者よりも年間>3%の体重増加に有意になりやすい (adjusted relative risk ratio = 1.19; 95% confidence interval: [1.03, 1.38]); 現在の使用者の中では、使用量の増加と共にその危険性は増加 (p[trend] = 0.003). 抗うつ薬の種類、最近であること又は使用期間によっては体重増加の危険性は有意には異ならない;しかし, 統計的な力は限られている。抗うつ薬使用と体重減少の間には有意な関連はなかった。まとめ:現在の抗うつ薬使用はmodestの、しかし統計的に有意の年間の体重増加があり, 異なる種類の抗うつ薬使用でも同様の結果。
Aust N Z J Psychiatry. 2015 Oct 1. pii: 0004867415607365. [Epub ahead of print]
A record linkage study of antidepressant medication use and weight change in Australian adults.
Paige E1, Korda R2, Kemp-Casey A3, Rodgers B4, Dobbins T2, Banks E5.
•1National Centre for Epidemiology & Population Health, Research School of Population Health, The Australian National University, Canberra, ACT, Australia Department of Public Health and Primary Care, Strangeways Research Laboratory, Cambridge, UK ep474@medschl.cam.ac.uk.
•2National Centre for Epidemiology & Population Health, Research School of Population Health, The Australian National University, Canberra, ACT, Australia.
•3School of Population Health, The University of Western Australia, Crawley, WA, Australia.
•4Australian Demographic & Social Research Institute, The Australian National University, Canberra, ACT, Australia.
•5National Centre for Epidemiology & Population Health, Research School of Population Health, The Australian National University, Canberra, ACT, Australia Sax Institute, Sydney, NSW, Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:38 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line