COX-2選択性と胃腸障害


coxibs (celecoxib, etoricoxib, parecoxib, and lumiracoxib), 比較的選択的なCOX-2 阻害薬(nabumetone, meloxicam, and etodolac), および非選択的なNSAIDsを比較した4週間以上の無作為振り分け対照研究を含む. Bayesian ネットワークメタ解析を用いて比較した効果と安全性のデータを統合. 一時的な結果は潰瘍の合併症と症状のある潰瘍。まとめた効果の大きさをrisk ratio (RR)で計算し, 95% confidence interval (CI)も計算。本研究は12,351人の参加者からなる36の研究を含む. ネットワークメタ解析によると、潰瘍合併症(RR, 1.38; 95% CI, 0.47-3.27), 症状のある潰瘍(RR, 1.02; 95% CI, 0.09-3.92), および内視鏡的潰瘍 (RR, 1.18; 95% CI, 0.37-2.96)に関しては、比較的選択的なCOX-2阻害薬とcoxibsの間には有意差はない。可能性のある影響のある要因(年齢、性別、以前の潰瘍性疾患、および経過観察の期間)で補正したネットワークメタ解析, および感度解析では主要な結果には大きな変化はなかった. ネットワークメタ解析によると、比較的選択的な COX-2阻害薬とcoxibは全副作用(adverse events:AEs) (RR, 1.09; 95% CI, 0.93-1.31), 胃腸のAEs (RR, 1.04; 95% CI, 0.87-1.25), 全脱落 (RR, 1.00; 95% CI, 0.74-1.33), および胃腸のAEsに関連した脱落 (RR, 1.02; 95% CI, 0.57-1.74)が相当な発生率。比較的選択的なCOX-2阻害薬は、coxibs と同程度の胃保護作用と耐用性があるようだ. 比較が間接的であるため、研究の結論を確かめるためにはさらなる研究が必要。
Medicine (Baltimore). 2015 Oct;94(40):e1592.
Network Meta-Analysis Comparing Relatively Selective COX-2 Inhibitors Versus Coxibs for the Prevention of NSAID-Induced Gastrointestinal Injury.
Yang M1, Wang HT, Zhao M, Meng WB, Ou JQ, He JH, Zou B, Lei PG.
•1From the Department of Gastroenterology, Songgang People's Hospital, Shenzhen, Guangdong, China (MY, J-QO, MZ, J-HH, P-GL); Department of Gastroenterology, Peking University Shenzhen Hospital, Shenzhen, Guangdong, China (MY, BZ); Department of Burns and Cutaneous Surgery, Xijing Hospital, Fourth Military Medical University, Xi'an, China (H-TW); and Special Minimally Invasive Surgery, The First Hospital of Lanzhou University, Hepatopancreatobiliary Surgery Institute of Gansu, Cancer Center of Clinical Medical College, Lanzhou University, Lanzhou, Gansu Province, China (W-BM).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-12 23:08 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line