生活スタイルはむずむず脚症候群の危険因子


前向きコホート研究。参加者:本研究はHealth Professionals' Follow-up Study (HPFS)に参加した12,812 人の男性とthe Nurses' Health Study II (NHS II)に参加した42,728人の女性を含む. 参加者は当初はRLSではなく (HPFSでは2002年、the NHS IIでは2005年) 、経過観察中糖尿病や関節炎ではない。International Restless Legs Syndrome Study groupによって推奨された基準でRLSを評価。計測:身長、体重、身体活動レベル、食事摂取、および喫煙状態の情報はアンケートで得た。結果:4-6年の経過観察中、1,538 症例のRLSの発生を同定。正常体重、身体的に活動的で、非喫煙者、そしてアルコール摂取の既往のある参加者はRLSが発症する危険性が低かった. これらの4つの要因の効果をまとめると、健康的な生活スタイルの要因と RLSの低い危険性の間には用量依存的な反応があった: 可能性のある交絡因子で補正した後の統合したオッズ比は0.67 (95% confidence interval: 0.47-0.97) for 4つとversus0の健康的な要因 (p < 0.001). これに対し、カフェイン消費又は the Alternate Healthy Eating Indexで評価した食事の質, と男女のRLSの危険性の間には有意な関連はなかった。まとめ:いくつかの変更可能な生活スタイルはRLSの危険性に重要な役割を果たすかも.
J Clin Sleep Med. 2015 Oct 5. pii: jc-00049-15. [Epub ahead of print]
Lifestyle Factors and Risk of Restless Legs Syndrome: Prospective Cohort Study.
Batool-Anwar S, Li Y, De Vito K, Malhotra A, Winkelman J, Gao X.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-12 23:15 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line