アセトアミノフェンの心血管、脳血管疾患への危険性はない


Nested case-control研究。Health Search IMS Health Longitudinal Patient Database。2002年1月から2012年6月までに、OAと診断されNSAIDsの処方が起こった(初回)36,754人の成人を同定; この患者のうち, 症例は経過観察期間(index date はACCEと診断された日付; 2182症例)に急性脳血管および心血管の出来事(acute cerebrovascular and cardiovascular events:ACCEs)と診断された人と定義. 各症例ごとに, 年齢、性別、コホートに入った月と年、および経過観察の期間をマッチさせた5人の対照を無作為に選択した。計測と主要な結果:各症例およびマッチさせた対照に対して、経過観察中のacetaminophen-を含んだ薬のすべての処方を同定。acetaminophen and/or acetaminophen-codeineの組み合わせの最近の使用の観点で、ACCEsの危険性を調べた。患者を、現在 (index date の0-90日前), 最近(91-180 日), 又は過去(181-365日)の acetaminophen使用者, 又は非使用者(365 日を超える)に分類. 条件付きロジスティック回帰によりオッズ比(ORs)および 95%信頼区間(CIs)を計算した. OAと診断され新たにNSAIDsを処方された36,754人の患者のうち, ACCEsの発生率は10,000人―年あたり117.6. 現在 (OR 1.22, 95% CI 0.96-1.55), 最近(OR 1.12, 95% CI 0.80-1.55), 又は過去の使用者(OR 1.13, 95% CI 0.86-1.48)においては、acetaminophen-を含んだ薬への暴露とACCEsの間には有意な関連はなかった。acetaminophen単独治療又はacetaminophen-codeine 併用治療への暴露を二次解析すると、現在の使用者では同様の結果。
Pharmacotherapy. 2015 Oct;35(10):899-909. doi: 10.1002/phar.1646.
Risk of Acute Cerebrovascular and Cardiovascular Events Among Users of Acetaminophen or an Acetaminophen-Codeine Combination in a Cohort of Patients with Osteoarthritis: A Nested Case-Control Study.
Roberto G1, Simonetti M2, Piccinni C3, Lora Aprile P4, Cricelli I2, Fanelli A5, Cricelli C2, Lapi F2.
•1Epidemiology Unit, Regional Agency for Healthcare Services of Tuscany, Florence, Italy.
•2Health Search, Italian College of General Practitioners and Primary Care, Florence, Italy.
•3Department of Medical and Surgical Sciences - Pharmacology Unit, University of Bologna, Bologna, Italy.
•4Italian College of General Practitioners and Primary Care, Florence, Italy.
•5Department of Anesthesia and Postoperative Intensive Care Unit, "Istituti ortopedici Rizzoli", Bologna, Italy.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-01 10:37 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line