PPIはNSAID誘発性小腸障害を悪化させる


いくつかの研究により、非選択的NSAIDsと PPIsを併用すると小腸障害の発生率が60%-80%と報告されている。方法:57人の健常な人を無作為にNSAID celecoxib (200 mg, 1日2回) プラスplacebo を2 週間(COX-2 SI群) 又はcelecoxib プラスPPI rabeprazole (20 mg,1日1回) を2週間 (COX-2 SI+PPI group)に分けた。この研究は、2012年10月から2013年9月まで日本の3次医療センターで行われた。研究開始時と治療薬内服後2週間でカプセル内視鏡で全患者を検査。カプセル内視鏡で観察された小腸障害 (潰瘍とびらん)の発生率と数を両群で比較。一次的な結果は、2回目のカプセル内視鏡検査時の粘膜障害の発生。結果: COX-2 SI+PPI 群(27人中12人, 44.4%)の方が COX-2 SI 群(30人中5人, 16.7%, P= .04)よりも小腸障害の発生率は有意に高かった. COX-2 SI+PPI 群はCOX-2 SI群に比べて小腸障害の危険性が有意に高かった (relative risk 2.67; 95% confidence interval, 1.08-6.58). COX-2 SI+PPI群の方がCOX-2 SI 群よりも各患者のびらんの数が多かった(P= .02).潰瘍の数は両群で差がなかった。空腸では粘膜障害の発生率はCOX-2 SI+PPI 群の方がCOX-2 SI 群より有意に高かったが(26% vs. 0%, P = .003), 回腸ではそのような傾向はなかった。まとめ:無作為振り分け対照研究では、短期間のNSAID誘発性小腸障害の危険性を高める。
Clin Gastroenterol Hepatol. 2015 Oct 29. pii: S1542-3565(15)01489-5. doi: 10.1016/j.cgh.2015.10.022. [Epub ahead of print]
Proton pump inhibitors exacerbate NSAID-induced small bowel injury: A prospective, double-blind, randomized trial.
Washio E1, Esaki M1, Maehata Y1, Miyazaki M2, Kobayashi H2, Ishikawa H3, Kitazono T1, Matsumoto T4.
•1Department of Medicine and Clinical Science, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University, Fukuoka, Japan.
•2Division of Gastroenterology, International University of Health and Welfare Fukuoka Sanno Hospital, Fukuoka, Japan.
•3Department of Molecular-Targeting Cancer Prevention, Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine, Osaka, Japan.
•4Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, School of Medicine, Iwate Medical University, Morioka, Japan. Electronic address: tmatsumo@iwate-med.ac.jp.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-08 01:27 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line