パキシルは乳癌再発の危険性を高める


方法:癌登録にリンクしたmixed-model healthcare delivery system内で、1990年と2008年の間にステージI またはIIの癌が発生と診断された、18歳以上の4,216人の女性を同定。再発はカルテを調べて確認した。薬の暴露は電子薬物記録から調べた。うつ薬使用と乳癌の再発や死亡率の関連を評価するために、多変量コックス比例ハザードモデルを用いてハザード比(HR) と95 %信頼区間 (CI) を評価した。tamoxifen使用者に限定して解析した.結果:抗うつ薬全般、TCAおよびSSRIは乳癌再発や死亡率の危険性とは関連せず。paroxetine のみ(adjusted HR: 1.66; 95 % CI 1.02, 2.71) およびtrazodoneのみ (adjusted HR: 1.76; 95 % CI 1.06, 2.92)を内服する女性は、抗うつ薬を内服しない女性よりも再発の危険性が高かったが, fluoxetine のみ(adjusted HR: 0.92; 95 % CI 0.55, 1.53)ではそうではなかった。paroxetineと tamoxifenの併用者はtamoxifen のみの使用者に比べて再発の危険性が高くなることを示唆(adjusted HR: 1.49; 95 % CI 0.79, 2.83).
Cancer Causes Control. 2015 Oct 30. [Epub ahead of print]
Breast cancer recurrence in relation to antidepressant use.
Chubak J1,2, Bowles EJ3, Yu O3, Buist DS3,4,5, Fujii M3, Boudreau DM3,6.
•1Group Health Research Institute, 1730 Minor Ave, Suite 1600, Seattle, WA, 98101, USA. Chubak.j@ghc.org.
•2Department of Epidemiology, University of Washington, Box 357236, Seattle, WA, 98195, USA. Chubak.j@ghc.org.
•3Group Health Research Institute, 1730 Minor Ave, Suite 1600, Seattle, WA, 98101, USA.
•4Department of Epidemiology, University of Washington, Box 357236, Seattle, WA, 98195, USA.
•5Department of Health Services, University of Washington, Box 357660, Seattle, WA, 98195-7660, USA.
•6Department of Pharmacy, University of Washington, Box 357631, Seattle, WA, 98195-7631, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-08 01:32 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line