複合性局所疼痛症候群の治療成績


方法:最近発症した(12か月未満)59人のCRPS-1患者を前向きに1年間経過観察し、その間に治療を受けた。ベースライン、6か月12か月の時点で以下を計測: CRPS 強度点数 (CRPSの自覚症状と他覚所見), 痛み、障害、就労状況と精神的な機能。結果:解析によると、CRPSのほとんどすべての他覚所見や自覚症状は1年間で有意に減少した。症状の強度の減少は臨床的に意味があり、最初の6か月で最も軽減し、その後プラトーになる。 しかし、1年ではほぼ2/3の患者がCRPSのthe IASP-Orlando基準を満たし1/4の患者がCRPSのthe Budapest 研究基準を満たした。5.4%の患者のみが、12か月の時点で症状がなかった。まとめ:過去の報告より悪い。
Eur J Pain. 2015 Nov 2. doi: 10.1002/ejp.813. [Epub ahead of print]
Extent of recovery in the first 12 months of complex regional pain syndrome type-1: A prospective study.
Bean DJ1,2, Johnson MH2, Heiss-Dunlop W3, Kydd RR2.
•1The Auckland Regional Pain Service (TARPS), Auckland District Health Board, New Zealand.
•2Department of Psychological Medicine, The University of Auckland, New Zealand.
•3Auckland Regional Plastic Reconstructive and Hand Surgery Service, Counties Manukau District Health Board, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-08 01:38 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line