複合性局所疼痛症候群の総説


CRPSの診断は臨床的および病態生理学は小線維軸索変性症, microvasculopathy, 炎症, および脳の可塑性/過敏化の組み合わせ. 女性が罹患する危険性が高く、労働災害はよく知られた原因。血液―神経バリアへの障害によって多分促進される、炎症および免疫不全,が寄与するのかも. 大部分の患者、特に若年者、は徐々に回復するが、治療は治癒を促進しうる.効果のエビデンスは理学療法(例えばgraded-motor imagery), 神経障害性疼痛の薬および脊髄、障害された神経、運動皮質の電気刺激で最も強い. 研究中の治療はケタミン、botulinum toxin, 免疫グロブリン、経頭蓋neuromodulation. 回復しない患者は神経手術的に治療可能な病変(神経の圧迫、インピンジメント、感染、または腫瘍)かどうか、polyneuropathyや循環障害を含む治療可能な医療状態かどうか再評価されるべき。CRPSは詐病又は心因性疾患を示すという初期の印象は、生物学的に影響されやすい人の肢外傷のまれな合併症というエビデンスで置き換えられた。
Handb Clin Neurol. 2015;131:481-503. doi: 10.1016/B978-0-444-62627-1.00026-3.
The complex regional pain syndrome.
Oaklander AL1, Horowitz SH2.
•1Department of Neurology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; Department of Pathology (Neuropathology), Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA. Electronic address: aloaklander@mgh.harvard.edu.
•2Department of Neurology, Massachusetts General Hospital, Boston, MA, USA; Department of Neurology, School of Medicine, Tufts University, Boston, MA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-11-23 22:29 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line