NSAIDは結腸直腸癌を減らす


方法:パキスタンのカラチで、2011年10月から2015年7月まで、年齢と性別をマッチさせた症例対照研究を行った. 症例はpublic sector tertiary care hospitalの癌手術部門からであり, その2ペアのマッチさせた対照者を一般人口から集めた。人口統計的特徴、家族歴、食事のパターン、依存性の行動と腸の習慣に関連した質問を含む、構造化されたアンケートを用いた。結果:癌の家族歴は結腸直腸癌(colorectal cancer:CRC)の危険性が2.2倍高い. 減量は危険性を7.6倍減らす。高脂肪食を控えることと、より野菜を消費することはCRCの予防効果がある. CRCの危険性は、喫煙者でアジアの特異的依存性の製品を消費する人はこれらの依存薬を避ける人と比べて2倍以上(ORsmoking: 2.12, 95% CI: 1.08 - 4.17, ORpan: 2.92, 95% CI: 1.6 - 5.33, ORgutka: 2.13, 95% CI: 1.14 - 3.97). NSAIDの使用はCRCの危険性を 86%減らす (OR: 0.14, 95% CI: 0.07 - 0.31).
Asian Pac J Cancer Prev. 2015;16(17):7967-73.
Dietary Practices, Addictive Behavior and Bowel Habits and Risk of Early Onset Colorectal Cancer: a Case Control Study.
Khan NA1, Hussain M, Rahman AU, Farooqui WA, Rasheed A, Memon AS.
•1Department of Surgical Oncology, Civil Hospital and Dow University of Health Sciences, Karachi, Pakistan E-mail : mehvish.hussain28@gmail.com.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-08 18:37 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line