抑うつ患者において、術前の抗うつ薬による治療は、痛みおよび機能障害を有意に改善


以前の研究では、術後の痛みと機能は術前の情動障害特に抑うつにより影響されることが示されている。後ろ向き研究。方法:Duke University Medical Centerで前方からの頸部椎間板切除と癒合を受けた140 人の成人患者(術前に治療を受けた患者: 25,対照患者: 115) が本研究に含まれた. 140人の患者中, 25人の患者は抑うつ診断の既往を知られており有資格の精神科医により術前に少なくとも6か月間抗うつ薬を用いて治療を受けていた。登録の基準にはEnrollment criteria included available 利用できる人口統計的なデータ、手術データ、投薬データ、および臨床的な結果のデータを含む。患者は術前、術後3,6,12,24か月でhe Neck Disability Index (NDI), Short-Form 12 (SF-12) およびVASを完了。両間者コホートの臨床的な結果を比較。 結果:ベースラインの特徴は両群で同程度。Table 1.ベースラインの NDI (p=0.11), SF-12 PCS (p=0.63), およびVAS-頸部痛 (p=0.80)には有意差なし, Table 2.治療と対照コホートの間で神経根損傷(p=0.00)又は硬膜切開 (p=0.31) の発生には有意差なし, Table 3. 術後1年で両方のコホートはVAS-頸部痛 (p=0.92), NDI (p=0.32), SF-12 PCS (p=0.15) およびSF-12 MCS (p=0.38)は同程度の改善, Table 4. これらの結果は2年間長持ちする。2年時, 両群のベースラインからのVAS-頸部痛 (p=0.88), NDI (p=0.43), SF-12 PCS (p=0.28)および SF-12 MCS (p=0.40)の改善は同程度, Figure 1.まとめ: 我々の研究では、抑うつ患者において、術前の抗うつ薬による治療は、痛みおよび機能障害を有意に改善。
World Neurosurg. 2015 Dec 16. pii: S1878-8750(15)01668-X. doi: 10.1016/j.wneu.2015.11.067. [Epub ahead of print]
Pre-Treatment of Depression Prior to Cervical Spine Surgery Improves Patients' Perception of Post-operative Health Status: A retrospective Single Institutional Experience.
Elsamadicy AA1, Adogwa O2, Cheng J3, Bagley C1.
•1Division of Neurosurgery, Duke University Medical Center, Durham, NC.
•2Division of Neurosurgery, Duke University Medical Center, Durham, NC. Electronic address: owoicho.adogwa@gmail.com.
•3Department of Neurosurgery, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, TN, (3)Department of Neurosurgery, University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-12-31 23:29 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line