線維筋痛症患者における子供時代の虐待と症状の関連

方法:FM患者が詳細な虐待のインタビュー、 dolorimetry, およびアンケートに基づいた疲労、認知の自己評価および抑うつの評価を受けた。Student's t-およびchi-square testsを用いて子供時代の虐待のある者とない者の間のFM症状の差を解析した。直線回帰を用いて、可能な交絡因子で補正して虐待と症状の程度の関連を評価した。結果:111人の FM女性の中で,子供時代の身体的虐待は痛み圧迫閾値で計測された圧痛(β=-0.25,p=0.011) と圧痛点の数 (β=0.23,p=.022)の増加と臨床的に軽度ではあるが統計学的に有意に関連した. 身体的な子供時代の虐待は抑うつで補正した後の認知言語障害と関連した(β=0.27,p=0.001).精神的な子供時代の虐待は疲労と関連したが、その関連は抑うつ症状で補正すると持続せず。

Clin Exp Rheumatol. 2016 Jan 8.[Epub ahead of print]

Quantifying the influence of child abusehistory on the cardinal symptoms of fibromyalgia.

Ortiz R1, BallardED1, Machado-VieiraR1, Saligan LN2, Walitt B3.

  • 1National Institute of Mental Health, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 2National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD, USA.
  • 3National Institute of Nursing Research, National Institutes of Health, Bethesda, MD; and Medstar Research Institute, Washington Hospital Center, Washington, DC, USA. brian.walitt@nih.gov.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-11 19:32 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line