線維筋痛症の予測因子

の研究では、FM症状の一群の人を前向きに調べた。方法:高齢の FinnishTwin Cohort の人口に基づいた8343人が1975, 1981,および1990年に健康アンケートに答えた.1990年のFM症状の質問に対する答えを3つのlatentclasses (LC)に分類:LC1は全く又はほとんど症状がない,LC2はいくらか症状がある,そしてLC3は多くのFM症状がある。年齢、性別、教育で補正して、ベースラインの(1975and 1981)局所の痛み、頭痛、片頭痛、睡眠、BMI、身体活動、喫煙、および接合性のデータを用いてこれらの症状のクラスの推定される予測因子を解析。ベースラインで高度にFMになりやすい人はこの解析から除外。最終的な多変量回帰モデルでは、局所痛、睡眠障害。および過体重はすべて多くのFM症状のクラスの人の予測因子.結果:最も強い非遺伝性予測因子は頻回の頭痛(OR 8.6, CI 95 % 3.8-19.2),次いで持続する腰痛 (OR 4.7, CI 95 % 3.3-6.7)および持続する頸部痛 (OR 3.3, CI 95 % 1.8-6.0)。まとめ:局所の痛み、頻回の頭痛、持続する腰痛と頸部痛、睡眠障害および過体重はFMと一致する症状の一群を持つ予測因子。

BMC Musculoskelet Disord. 2016 Jan15;17(1):29.

Predictors of fibromyalgia: apopulation-based twin cohort study.

MarkkulaRA1, Kalso EA2,3, Kaprio JA4,5,6.

  • 1Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. ritva.markkula@kolumbus.fi.
  • 2Anaesthesiology, Intensive Care and Pain Medicine, University of Helsinki and Helsinki University Hospital, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 3Faculty of Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. eija.kalso@hus.fi.
  • 4Department of Public Health, Hjelt Institute, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 5Institute for Molecular Medicine, University of Helsinki, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.
  • 6Department of Mental Health and Alcohol Abuse Services, National Institute for Health and Welfare, Helsinki, Finland. jaakko.kaprio@helsinki.fi.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-20 16:47 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line