変形性関節症に対する局所NSAODの効果:治療ガイドライン

The European Society for Clinical and EconomicAspects of Osteoporosis and Osteoarthritis (ESCEO) の治療アルゴリズムは、もし患者に症状が継続すれば、膝OAに対して、骨祖鬆症の症候性遅発性薬(symptomaticslow-acting drugs for osteoarthritisSYSADOAs)の薬物的バックグランドとparacetamolを用いた救急薬および非薬物治療に加えて、局所NSAIDsを勧めている。局所的なNSAIDsは鎮痛には中等度の効果があり、経口NSAIDsと同程度の効果があり、危険性:利益の比が優れている。実生活における研究では、局所および経口NSAIDsは治療1年間で膝痛に同等の効果を示し,局所NSAIDsは経口NSAIDsよりも全身的な吸収が少ないため副作用が少ない.その結果,局所NSAIDsは、特に75歳以上, 合併症がある又は心血管、胃腸、腎副作用の危険性が高いOA患者において、推奨される治療の選択肢になるかも。さらに, 炎症性リウマチ疾患において局所NSAIDsを使用すると経口NSAIDsの併用が40%減少する。局所NSAIDを選択する場合には、局所薬の剤型の中での不均質のために、吸収とバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)が重要。

Efficacy and safety of topical NSAIDs in the managementof osteoarthritis: Evidence from real-life setting trials and surveys.

Rannou F1, Pelletier JP2, Martel-Pelletier J2.

  • 1Rehabilitation Unit, Rheumatology Department, Hôpital Cochin, AP-HP, INSERM UMR-S 1124, Université Paris Descartes, 27 rue de faubourg saint Jacques, 75014 Paris, France. Electronic address: francois.rannou@cch.aphp.fr.
  • 2Osteoarthritis Research Unit, University of Montreal Hospital Research Centre (CRCHUM), Montreal, Quebec, Canada.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-01-31 12:48 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line