複合性局所疼痛症候群に対するステロイドの効果はほとんどない

3か月以上のCRPS患者の鎮痛のための経口ステロイドの効果の評価。非盲検、非対照研究。2009-2012年にCRPSの診断と治療に特化した2つの痛み外来クリニック。2つの専門センターでブダペスト基準で診断した、3か月以上の罹病期間があり標準的な治療に反応しない、21人のCRPS患者。方法:2つのセンターで患者は経口prednisoloneにより治療[center 1 (C1)では1100 mg から4日ごとに25 mgずつ減量して中止する (Σ1g) center 2(C2)では160 mg2週間継続しその後4日ごとに20 mg減量し中止 (Σ1.06g)]. 痛みの強さの平均を患者によりnumeric rating scaleを用いて治療開始前と治療開始後6週で記録 (治療期間は2つのセンターで16日と22)。結果:全般的には痛みの強さの平均は有意には減少しなかったが(P = 0.059), 2人の患者は治療開始9週間後には痛みの強さがベースラインの痛みレベルに減少したままであり, 1人の患者は痛みが50%を超えて軽減したまま。

Pain Med. 2015 Dec 7. pii: pnv002. [Epub ahead ofprint]

The Treatment of Longstanding Complex RegionalPain Syndrome with Oral Steroids.

Barbalinardo S1, Loer SA2, Goebel A3, Perez RS4.

  • 1*Department of Anesthesiology, VU University Medical Center, Amsterdam, The Netherlands; s.barbalinardo@vumc.nl.
  • 2*Department of Anesthesiology, VU University Medical Center, Amsterdam, The Netherlands; Trauma Related Neuronal Dysfunction (TREND), Leiden, The Netherlands;
  • 3Department of Pain Medicine, The Walton Centre, NHS Foundation Trust, Liverpool, United Kingdom;
  • 4*Department of Anesthesiology, VU University Medical Center, Amsterdam, The Netherlands; Trauma Related Neuronal Dysfunction (TREND), Leiden, The Netherlands; The EMGO Institute for Health and Care Research (EMGO+) Amsterdam, The Netherlands.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-02 21:29 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line