16歳時の慢性疲労症候群

the Avon Longitudinal Study of Parents andChildren (ALSPAC) 出生コホートでは, 6か月以上慢性の障害をもたらす疲労のある者は13歳で1.3% であり男女同数であり、家族の困難を増加させる。方法:ALSPAC のデータを用いて、16歳時のCFS6か月以上継続する説明不能の障害を引き起こす疲労の親による報告で定義)の有病率を推定。危険因子としての性と14項目の家族の逆境指数を調べた. 学校を休んだデータをthe National Pupil Databaseから得た.欠損データによって引き起こされた偏りに対処するために多重データ補完を用いた。結果: CFSの有病率は1.86% (95% confidence interval [CI]: 1.47 to2.24). 高いレベルの抑うつ症状の子供を除外すると, 有病率は0.60% (95% CI: 0.37 to 0.84). CFSの子供はCFSではない子供よりも、認定された不登校ははるかに多く(平均の差:学年当たり35.6 [95% CI: 26.4 to 44.9] 半日授業時間) 報告された抑うつ症状がかなり多い(odds ratio [OR]: 11.0 [95% CI: 5.92 to 20.4]).女性(OR: 1.95 [95% CI: 1.33 to 2.86]) および家族の逆境 (OR: 1.20 [95% CI: 1.01 to1.42] per unit family adversity index)CFSと関連。まとめ:UK出生コホートの16歳でのCFS1.6%であり、家族の逆境が高いことと関連。性は16歳時の危険因子であるが、13歳ではそうではない。

Pediatrics. 2016 Jan 25. pii: peds.2015-3434.[Epub ahead of print]

Chronic FatigueSyndrome at Age 16 Years.

Collin SM1, Norris T1, Nuevo R1, Tilling K2, Joinson C1, Sterne JA2, Crawley E3.

  • 1School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom.
  • 2School of Social & Community Medicine and.
  • 3School of Social & Community Medicine and Centre for Child & Adolescent Health, University of Bristol, Bristol, United Kingdom esther.crawley@bristol.ac.uk.
  • SE-18288 Stockholm, Sweden. Electronic address: jean-michel.saury@ds.se.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-02 21:33 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line