SSRIは認知症の危険因子

方法:the TaiwanNational Health Insurance Research Databaseを用いて、人口に基づいた後ろ向き症例対照研解析を行った。2005年から2011年までに the National Health Insuranceプログラムに登録した患者から, 2つのsubsetsを同定:1997-2004年に大うつ病があり、その後2005-2011年に認知症と診断された (ICD-9-CM code 290) 5,394人の症例, および2005-2011年に大うつ病と診断され認知症の病歴がない5,232人の対照. 認知症例と非認知症対照群の抗うつ薬使用の比例配分と併存症を比較。単変量および多変量ロジスティック回帰解析を用いて認知症と抗うつ薬使用の関連のオッズ比(ORs) 95%信頼区間を推定した。結果:認知症患者は、糖尿病、高血圧、脳卒中および脳外傷に罹患していやすい。 TCAを使用している患者の、補正した認知症のOR0.24 (95% CI, 0.22-0.27).これに対し, SSRIs (OR = 2.48; 95% CI, 2.27-2.71),MAOIs(OR = 1.86; 95% CI, 1.47-2.36), heterocyclic抗うつ薬(OR= 1.44; 95% CI, 1.32-1.57), およびその他の抗うつ薬(OR = 2.05;95% CI, 1.85-2.27)の使用は認知症の危険性を増加させる。さらに, 累積投与量が増加すると, TCAは認知症の危険性を減らすが、SRIs, MAOIs,heterocyclic抗うつ薬およびその他の抗うつ薬は認知症の危険性を増加させる。

J Clin Psychiatry. 2016Jan;77(1):117-22. doi: 10.4088/JCP.14m09580.

Antidepressant treatment and risk of dementia:a population-based, retrospective case-control study.

Lee CW1,2, Lin CL, Sung FC, Liang JA, Kao CH.

  • 1Center for Drug Abuse and Addiction, China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.
  • 2College of Medicine, China Medical University, Taichung, Taiwan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-09 20:39 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line