出生前および生後半年までのアセトアミノフェン(カロナール)摂取は喘息の危険因子

適用による交絡因子を絡めて、出生前および乳児(最初の6か月) paracetamol暴露と喘息発症の関連を調べた。方法:3歳時の喘息の状態を評価した53169人の子供, 7歳時の喘息を評価した25394人の子供、theNorwegian Prescription Database7歳時の喘息の薬を調剤した45607人の子供の情報を利用. log-binomial回帰を用いて、補正した相対危険度(adjusted relative risksadj. RR) および95%信頼区間 (CI) を計算。結果:3歳時の喘息と出生前paracetamol暴露 (adj. RR 1.13; 95%CI: 1.02-1.25) および乳児の間のparacetamol使用(adj. RR 1.29; 95% CI: 1.16-1.45)の間には独立したささやかな関連がある. この結果は7歳時の喘息でも一貫していた。出生前paracetamol暴露との関連は異なる適用でも見られた (痛み、呼吸路感染症/インフルエンザおよび発熱). 母親の妊娠外のparacetamol使用と出生前paracetamol 使用は喘息の発症とは関連せず。二次的な解析では、出生前ibuprofen 暴露は3歳時の喘息と正の相関があるが7歳時の喘息とは相関せず。まとめ:この研究は、出生前および乳児paracetamol 暴露は独立した喘息発症と独立しているというエビデンスを提供。我々の所見によると、適用による交絡因子ではこの関連を十分に説明できない。

Int J Epidemiol 2016

Prenatal and infant paracetamol exposure anddevelopment of asthma: the Norwegian Mother and Child Cohort Study.

Magnus MC1, Karlstad ?2, H?berg SE2, Nafstad P3, Davey Smith G4, Nystad W2.

  • 1Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway Maria.Christine.Magnus@fhi.no.
  • 2Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway.
  • 3Division of Mental and Physical Health, Norwegian Institute of Public Health, Oslo, Norway Department of Community Medicine, University of Oslo, Oslo, Norway and.
  • 4MRC Integrative Epidemiology Unit at the University of Bristol, School of Social and Community Medicine, Bristol, UK.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-16 08:56 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line