イギリスにおいて慢性疲労症候群患者は自殺率は高いが死亡率全体は高くはない

イングランドおよびウェールズの年齢特異的および性別特異的死亡率統計と比較して、the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)の記録で観察された死亡数を用いて7年間での全原因、自殺特異的および癌特異的死亡率の標準化された死亡率の(standardisedmortality ratiosSMRs)を計算した。chronic fatigue サービスと接触があり(紹介、退院又はcase note entry) ,CFSと診断されれば研究に含めた。所見:Clinical Record Interactive Search (CRIS)から2147人のCFS症例を同定し、200711日から20131231日までに17人が死亡した.女性が1533人で11人が死亡し、614人の男性中6人が死亡した。CFS患者はイングランドおよびウェールズの一般人口と比較して、年齢でー標準化され性別で―標準化された死亡率の比(sex-standardisedmortality ratiosSMRs)は、全原因の死亡率(SMR 1·14, 95% CI 0·65-1·85; p=0·67)又は癌特異的死亡率 (1·39, 0·60-2·73; p=0·45)には有意差はなかった.解析から自殺を除外した死亡に限定してもこれは維持された.自殺に特異的な死亡率は有意に増加(SMR 6·85, 95% CI 2·22-15·98; p=0·002).解釈:CFS患者は全原因の死亡率は増加しないが自殺による死亡率はかなり増加する。

Lancet.2016 Feb 9. pii: S0140-6736(15)01223-4. doi: 10.1016/S0140-6736(15)01223-4.[Epub ahead of print]

Mortality of people with chronic fatiguesyndrome: a retrospective cohort study in England and Wales from the SouthLondon and Maudsley NHS Foundation Trust Biomedical Research Centre (SLaM BRC)Clinical Record Interactive Search (CRIS) Register.

Roberts E1, Wessely S2, Chalder T2, Chang CK3, Hotopf M2.

  • 1Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK. Electronic address: emmert.roberts@kcl.ac.uk.
  • 2Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Weston Education Centre, London, UK.
  • 3Department of Psychological Medicine, Institute of Psychiatry, Psychology and Neuroscience, King's College London, Denmark Hill, London, UK. Electronic address: chin-kuo.chang@kcl.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:12 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line