難治性むずむず脚症候群の治療

総説:軽度のRLS/WEDは主にドパミン作動薬 dopamineagonistsDA) 治療 (pramipexole and ropiniroleを含む)およびα-2-δcalcium-channel ligandで治療をする. しかし、時間経過と共に、症状は漸増しついには薬物抵抗性になる傾向。さらに、ドパミン作動薬による長期治療は、適切な治療にもかかわらずRLS/WED症状の程度と頻度が悪化すると定義されるaugmentationを引き起こすかもしれない。RLS/WEDが難治性になった場合の治療方法を、その有用性と副作用に焦点を当てて論じる。予防方法には生活スタイルの改善と睡眠環境の改善を含む。異なる薬の選択肢がある。患者がDA治療に耐えられるのであれば、長期作用型ドパミン作動薬への変更。α-2-δcalcium-channel ligandの併用はもう一つの第一選択。難治性のRLS/WEDの場合, oxycodone-naloxoneのようなオピオイドは良好な効果を示す。鉄IV, clonazepamのようなBZDおよび抗痙攣薬には異なるレベルの効果のエビデンスがある。最終的には強度のRLS/WED症状の患者の治療は、症状、合併症、既往などにより個別の対処が必要。

CurrTreat Options Neurol. 2016 Feb;18(2):7.

Treatment Options in Intractable Restless Legs Syndrome/Willis-Ekbom Disease (RLS/WED).

Rinaldi F1,2, Galbiati A1,3, Marelli S1,3, Ferini Strambi L1,3, Zucconi M4.

  • 1Department of Clinical Neurosciences, Sleep Disorders Centre, San Raffaele Scientific Institute, Milan, Italy.
  • 2Neurology Clinic, Spedali Civili di Brescia Hospital, University of Brescia, Brescia, Italy.
  • 3Faculty of Psychology, Vita-Salute San Raffaele University, Milan, Italy.
  • 4Department of Clinical Neurosciences, Sleep Disorders Centre, San Raffaele Scientific Institute, Milan, Italy. zucconi.marco@hsr.it.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:17 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line