線維筋痛症患者の中でも肥満の人は症状が強い

プエルトリコのヒスパニック。方法: 144 人のFMS 患者(ACR分類基準)の横断研究.社会人口統計学的特徴, FMS-関連症状, 圧痛点(ACR基準), 合併症, およびFMS治療を調べた. BMIを計算し、患者を2群に分類: BMI ≤24.9 kg/m(2) (非過体重/肥満) and BMI ≥ 25 kg/m(2) (過体重/肥満).二変量解析と多変量解析を用いて研究グループ間の差を評価. 結果:平均 (SD) 年齢は50.2(9.9); 95.1%は女性で75.7%は過体重/肥満. 二変量解析では,過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりも、自己報告の記憶障害, 不安, 息切れ,および頻尿でありやすい。さらに、圧痛点の数は過体重/肥満群の方が多い。ロジスティック回帰解析によると, 交絡変数で補正しても自己報告の記憶障害と頻尿の差は有意のまま。まとめ:PuertoRicansFMS患者において, 過体重/肥満患者は非過体重/肥満患者よりもFMS-関連兆候を経験しやすい。しかし、減量がFMSの症状の程度を改善するかどうかを解明するためにこの関連を前向き研究で確かめる必要がある。

J Obes.2016;2016:1379289. doi: 10.1155/2016/1379289. Epub 2016 Jan 18.

Clinical Manifestations Associated withOverweight/Obesity in Puerto Ricans with Fibromyalgia Syndrome.

Fred-JiménezRM1, Arroyo-ÁvilaM1, Mayor ÁM2, Ríos G1, Vilá LM1.

  • 1Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA.
  • 2Division of Rheumatology, Department of Medicine, University of Puerto Rico, Medical Sciences Campus, San Juan, PR 00936, USA; Retrovirus Research Center, Department of Internal Medicine, Universidad Central del Caribe School of Medicine, Bayamón, PR 00960, USA.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-02-22 12:23 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line