NSAID誘発性胃腸障害の危険因子

方法:食道胃十二指腸鏡を我々の病院で2008年1月から2011年12月までに受けた全患者の調査。NSAIDsを処方された253人の患者の医療記録の後ろ向き解析. 胃十二指腸病変の程度を修正胃十二指腸LANZA点数を用いて評価. 以下の点数を用いた: 0 = 病変なし(LANZA score 0); 1 =糜爛および発赤(LANZA score 1-3); 2 = 潰瘍(LANZA score 4). NSAIDs関連のGI毒性の病因に関連した予測因子を評価.順序ロジスティック回帰解析を行いNSAIDsに関連した潰瘍の予防因子を同定。結果:多変量ロジスティック回帰によると危険因子の数(odds ratio (OR) = 6.82, confidence interval (CI) = 5.31-8.76; P = 0.01), 抗癌剤の併用 (OR = 2.17, Cl = 1.02-4.62; P = 0.04) は有意な要因。まとめ:危険因子の数と抗がん剤の併用NSAID-関連のGI毒性の予測因子. celecoxib 又はPPIの使用は予防因子として同定できず。
Hepatogastroenterology. 2015 Jun;62(140):787-9.Predictive Factors for NSAIDs-related Gastrointestinal Toxicity: Can COX-2 Selective Inhibtor Prevent it?.
Kanbayashi Y, Konishi H.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-07 19:30 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line