抗うつ薬による心血管疾患の危険性

コホート研究。UK generalpractices contributing to the QResearch primary care database.200011日から2011731日までに抑うつと最初に診断された2064歳の 238 963人の患者。 抗うつ薬の種類(TCAおよびその関連薬、SSRI、その他の抗うつ薬), 投与量、使用期間、併用した抗うつ薬。 5年間での心筋梗塞、脳卒中又はTIAおよび不整脈の最初の診断。コックス比例ハザードモデルを用いて、ハザード比、可能性のある交絡変数を推定。 結果:5年間の経過観察の間に, 772人が心筋梗塞, 1106人が脳卒中又はTIA, そして1452人が不整脈ありと診断. 5年間の経過観察では抗うつ薬の種類と心筋梗塞には有意な関連なし。経過観察の最初の年, SSRIで治療された患者は抗うつ薬を使用しない患者に比べて、心筋梗塞の危険性が有意に低下(adjustedhazard ratio 0.58, 95% confidence interval 0.42 to 0.79); 各薬の中で, fluoxetineは有意に危険性を減らし(0.44, 0.27 to 0.72) lofepramineは有意に危険性を増やす (3.07, 1.50 to 6.26). 抗うつ薬の種類又は個々の薬と脳卒中又はTIAの間には有意な関連はなかった。抗うつ薬の種類は5年間の経過観察中不整脈には有意には関連しなかったが、TCAおよびそれに関連した抗うつ薬による最初の28日間はその危険性は有意に増加(adjusted hazard ratio 1.99, 1.27 to 3.13). 5年間でFluoxetineは有意に不整脈の危険性を減らすが (0.74, 0.59 to 0.92), citalopramはたとえ高用量でも不整脈の危険性には関連しない (1.11, 0.72 to 1.71,40 mg/day以上の量).

BMJ. 2016 Mar 22;352:i1350.doi: 10.1136/bmj.i1350.

Antidepressant use andrisk of cardiovascular outcomes in people aged 20 to 64: cohort study usingprimary care database.

CouplandC1, Hill T1, Morriss R2, Moore M3, Arthur A4, Hippisley-CoxJ1.

  • 1Division of Primary Care, School of Medicine, University of Nottingham, Nottingham NG7 2RD, UK.
  • 2Institute of Mental Health, Nottingham NG8 1BB, UK.
  • 3University of Southampton Medical School, Primary Care and Population Sciences, Aldermoor Health Centre, Southampton SO16 5ST, UK.
  • 4School of Health Sciences, Faculty of Medicine and Health Sciences, University of East Anglia, Norwich NR4 7TJ, UK.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-30 21:31 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line