アメリカにおける線維筋痛症の治療パターン

FMU.S.成人の6%を占める。アメリカ。方法:この後ろ向き解析は、12か月の持続的な健康プランに登録し、2009年から2011年までに最初にFM(ICD-9-CMcode 729.1)と診断された成人を同定するthe MarketScan 請求データベーを用いた。対処とする投薬はpregabalin,gabapentin, duloxetine, milnacipran, cyclobenzaprine, and tramadol. FM治療のためにACRによって8つの薬のうち6つは推奨量がある; その他の2つの薬(amitriptyline and venlafaxine) は初期評価のみ。The CharlsonComorbidity Index (CCI) を用いて全般的な合併症を評価。評価項目には最初の診断から1年以内に治療した患者の割合; 最初の治療パターン;対象の薬の経過観察の最初の1年の順守率;異なる時点での対象となる薬の間での中止、変更、および組み合わせのパターン。カバーした日の割合(Proportionof days coveredPDC;患者が薬の供給を受けた日数を対象となる全日数で割る) を用いて順守率を定義, それを低度 (PDC <50%), 中等度(PDC50% to < 80%),又は高度(PDC ≥ 80%)に分類.中止までの期間(薬の供給が90日以上中止) Kaplan-Meier解析を用いて評価.結果:240,144人の患者が含める基準に合致。患者の多くは女性 (68%), had preferredprovider organization insurance coverage (68%), ベースラインでのCCI点数は< 1 (69%). 31%のみが (n =74,738) ACRのガイドラインに掲載された処方薬で治療開始, そして多くの患者は推奨量よりも少量の投薬. 大部分(n = 70,919)の患者は8つの処方薬のうちの1つの薬を当初は受ける. 2つ以上の薬を開始された者の中で(n = 3,819),cyclobenzaprine plus tramadol が最も多い組み合わせ. 遵守は関心のある薬6つすべてで次善.Duloxetineが平均PDCが最も高い (59%); その他のすべての薬は, 平均PDC < 50%. duloxetineを除き, 6か月時点での中止率はすべての薬で> 50%.治療の変更は一般的。duloxetine, pregabalin, 又はmilnacipranの最初の治療を中断した患者の中で,1/3の患者は最初の投薬から90日以内に薬を変更. 最初の薬を維持した患者の中で, 50%の患者は最初の投薬から1年以内に2番目の薬を追加。

J ManagCare Spec Pharm. 2016 Mar;22(3):263-71. doi:10.18553/jmcp.2016.22.3.263.

Treatment Patterns Associated withACR-Recommended Medications in the Management of Fibromyalgia in the UnitedStates.

Liu Y1, Qian C2, Yang M2.

  • 11 Associate Professor, Division of Pharmacy Practice and Administration, University of Missouri-Kansas City School of Pharmacy, Kansas City, Missouri.
  • 22 Associate Director, Health Economics and Outcomes Research, Daiichi Sankyo, Parsippany, New Jersey.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-03-30 21:36 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line