足と足関節骨折後の複合性局所疼痛症候群の発生率

方法:メルボルンの2つの大都市の病院で単純レントゲンで足又は足関節の骨折と診断された患者での前向き研究.患者を有効なIIASP Budapest基準を用いて受傷3か月後電話で選別. 選別基準を満たす患者は、Budapest基準の臨床的な症状を評価するために、痛みの専門家が診察.結果: 306人の患者を含めた。110人の患者がCRPSの少なくとも1つの自覚症状を報告;しかし,3人のみが臨床検査を必要とする最小限の必要条件を満たしていた。3人のうち、1人のみが有効なBudapest基準に従った診断を陽性とする主観症状と他覚所見の組み合わせを満たした。本研究における足と足関節の骨折後のCRPSの発生率は0.3%. この発生率は以前報告されたそれよりは低い。

Pain Med. 2016 Apr 10. pii: pnw055. [Epub ahead ofprint]

Incidence of Complex Regional Pain SyndromeI Following Foot and Ankle Fractures Using the Budapest Criteria.

Bullen M1, Lang C2, Tran P3.

  • 1*Western Health Department of Orthopaedics, Melbourne, Victoria michael.bullen@wh.org.au.
  • 2Western Health Department of Anaesthesia and Pain Medicine, Melbourne, Victoria.
  • 3Western Health Head of Department of Orthopaedics, Melbourne, Victoria, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-13 18:31 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line