腹腔鏡的胆のう摘出術の線維筋痛症の痛みへの影響

胆嚢胆石症のあFM患者で,本研究で、腹腔鏡的胆のう摘出術のFMの痛み症状への短期間と長期間の影響を評価。FMの痛み(VAS尺度)および圧痛点と対照の範囲(皮膚、皮下および筋肉)の痛み閾値を、症状のある胆石症を合併したFM患者 (n = 31) vs FMを合併しない胆石症患者 (n. 26) 1週間前(ベースライン)および腹腔鏡的胆のう摘出術1週間、1,3,6 および12か月後に評価し、症状のある(n = 27) および無症状の(n = 28) 胆石症,および非胆石症 (n = 30)であり胆のう摘出を受けていないFM患者において同じ時期に評価した. ベースラインでは, FM+症状のある胆石症 患者で葉は、以前に経験した胆石疝痛の数と、FMの痛み(直接) および筋閾値()の間には有意な直線的な関連があった(p<0.0001). 胆のう摘出術後,FMの痛みは有意に増加しすべての閾値は1週間後と1か月後で有意に低下し(1-way ANOVA, p<0.01-p<0.001),筋肉の閾値の低下は手術部位の最大の術後痛と直線的に相関(p<0.003-p<0.0001)FMの痛みと閾値は3か月で術前の値に戻り, 6か月と12か月で痛みは有意に低下し閾値は有意に増加した(p<0.05-p<0.0001). 同じ12か月間で: 胆のう摘出術を受けた非FM患者では閾値は変化せず; 胆のう摘出術を受けていないその他のすべてのFM群ではFMの痛みと閾値は安定を保ったが, 例外的にFM +症状のある胆石症患者は12か月の時点で痛みは有意に増加し筋肉の閾値は有意に低下 (p<0.05-p<0.0001).本研究の結果によると、胆嚢胆石症による胆石疝痛はFM症状を悪化させる要因であり、腹腔鏡的胆のう摘出術はこれらの症状を一活性に悪化させるだけであり,胆嚢摘出による長期間の改善/ desensitizationで大規模に相殺する。

PLoS One. 2016 Apr15;11(4):e0153408. doi: 10.1371/journal.pone.0153408.

Laparoscopic Cholecystectomy for GallbladderCalculosis in FibromyalgiaPatients: Impact on Musculoskeletal Pain, Somatic Hyperalgesiaand Central Sensitization.

CostantiniR1, AffaitatiG2, MassiminiF3, Tana C4, InnocentiP1, GiamberardinoMA2.

  • 1Institute of Surgical Pathology, "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 2Fibromyalgia and Musculoskeletal Pain Center, Department of Medicine and Science of Aging and Ce.S.I., "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 3Institute of Clinical Pathology, "G. D'Annunzio" University of Chieti, Chieti, Italy.
  • 4Internal Medicine Unit, Guastalla Hospital, AUSL Reggio Emilia, Reggio Emilia, Italy.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-21 18:17 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line