慢性疲労症候群における年齢や罹病期間と症状の関連

本研究で、CFS患者を年齢 (55歳以上、以下)および罹病期間 (10年以上、以下)に基づき4群に分類.各群の機能と症状を比較。高齢で長期間の患者は、若年で短期間の患者又は若年で長期間の患者および高齢で短期間の患者と比較して、有意に精神的健康機能のレベルが高かった。この結果によると、高齢で10年以上の罹病期間の患者は、他の3群よりも精神的健康機能のレベルが有意に高い。症状の点では、若年で長期間の群は高齢で長期間の群と比べて免疫と自律神経領域が有意に悪い。さらに, 若年で長期間の患者は高齢で長期間の患者と比べて、自律神経と免疫の症状が大きい。これらの所見は、これらの要因が患者に与える影響を理解しようとする際には、年齢と罹病期間の両方を考慮する必要があることを示す。

Diagnostics(Basel). 2016 Apr 22;6(2). pii: E16.

The Relationship between Age and IllnessDuration in ChronicFatigueSyndrome.

Kidd E1, Brown A2, McManimen S3, Jason LA4, Newton JL5, Strand EB6.

  • 1Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ekidd3118@gmail.com.
  • 2Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. abrown57@depaul.edu.
  • 3Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. smcmanim@depaul.edu.
  • 4Center for Community Research, DePaul University, 990 W. Fullerton Ave. Suite 3100, Chicago, IL 60614, USA. ljason@depaul.edu.
  • 5Clinical Medicine, Newcastle University, Newcastle NE2 4HH, England. julia.newton@newcastle.ac.uk.
  • 6Division of Medicine, Oslo University Hospital, 0450 Oslo, Norway. lbstr@ous-hf.no.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-04-27 18:31 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line