NSAIDにより2回目の股関節骨折が増加する

方法:これは、傾向点数をマッチさせた(propensity-scorematchingPSM) tocontrol for confoundingを用いた、TaiwanNational Health Insurance Research Databaseに基づいた研究.登録者は、1996-2004年の間に股関節骨折を受傷し200912月まで縦断的に経過観察した患者から選択した.合併症とbisphosphonate治療によるPSMの後、2回目の骨折をした94患者を症例群に割り当て、2回目の骨折のない461人を対照群に割り当てた。目標とする薬はNSAIDs; paracetamol およびdexamethasoneを比較として用いた。結果:NSAIDsの平均一日用量(meandaily-doseMDD) 比率と現在の統計検査の確率値の関連は強い負の関連であり (Pearson's r = -0.920,P = 0.003),それは高いMDD比率は, 2回目の股関節骨折の危険性が高いことを示すKaplan-Meier 生存解析によると、NSAIDsを摂取する患者では、2回目の股関節骨折の危険性には時間依存性の傾向がある(P < 0.001).さらに, NSAIDsdiclofenac (P = 0.016) およびcelecoxib(P = 0.003) およびcorticosteroiddexamethasone (P = 0.018)内服者では、60歳以上の患者は60歳未満の患者よりも二回目の股関節骨折の危険性が高いが,鎮痛薬のparacetamol ではそうではない(P = 0.074)

BMC Musculoskelet Disord. 2016 May4;17(1):201. doi: 10.1186/s12891-016-1047-2.

Non-steroidal anti-inflammatorydrugs and the risk of a second hip fracture: a propensity-score matching study.

Chuang PY1,2, Shen SH1,2, Yang TY1,2, Huang TW1,2, Huang KC3,4.

  • 1Department of Orthopaedic Surgery, Chang Gung Memorial Hospital, Chiayi, Taiwan.
  • 2College of Medicine, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan.
  • 3Department of Orthopaedic Surgery, Chang Gung Memorial Hospital, Chiayi, Taiwan. kc2672@gmail.com.
  • 4College of Medicine, Chang Gung University, Taoyuan, Taiwan. kc2672@gmail.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:49 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line