複合性局所疼痛症候群の治療の実際

CRPS type 1 。方法:Doury's基準を満たしたCRPSを疑われた18歳以上の108人の後ろ向き、前向、記述的観察研究. 人口統計的データ、臨床的な特徴、合併症、以前に存在した状態、および外傷や骨折のような誘因を調べた。検査データ、一連の単純レントゲン、technetium99を用いた3相性骨シンチ、骨密度、薬物治療、リハビリテーションおよび疾患の経過を評価。 結果:108人中89%が女性であり、平均年齢は54.8±12.4. 症状発生から医師を最初に受診するまでの期間は3.1か月。最も多い誘因は外傷 (91.7%). 最も頻繁な精神的な要因は不安 (42.6%). 全患者が痛みを報告し、99.07%の患者には可動性障害あり. 最も多い罹患部位は手 (75%; 81/108 patients)次いで肩手症候群の肩. 全患者は一連のレントゲンを撮っており、変化は93.5%で見られた.3相性骨シンチを受けた患者32人全員で疾患のエビデンスあり。骨密度検査は54人の患者(50%)で行われた。全患者はNSAIDで治療され、主にdiclofenac(60%). カルシウム治療が106人の患者(98.2%)で開始され、vitaminD3治療が97.2%で開始された.全患者がbisphosphonatesを摂取し, 主にalendronateibandronate (各々67.6% and 27.8%,).36人の患者 (33.3%)corticosteroids摂取.評価した全患者は作業療法を含むリハビリを受けた。回復までの平均期間は6.31 か月(範囲,4-24). 結果は、患者の88.9%で満足できるものであった。まとめ:その他の感染や炎症状態を含む鑑別診断を受け、早期治療が可能になる早期紹介の重要性を指摘。

Reumatol Clin. 2016 Apr 28. pii:S1699-258X(16)30009-2. doi: 10.1016/j.reuma.2016.03.015. [Epub ahead of print]

Complex regional painsyndrome type 1: Analysis of 108 patients.

[Article in English, Spanish]

Pend?n G1, Salas A2, Garc?a M2, Pereira D3.

  • 1Hospital Zonal Ricardo Guti?rrez de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina. Electronic address: giselapendon@gmail.com.ar.
  • 2Hospital Interzonal San Mart?n de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina.
  • 3Hospital Zonal Ricardo Guti?rrez de La Plata, La Plata, Buenos Aires, Argentina.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-05-09 19:57 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line