オーストラリアの慢性疲労症候群の疫学

方法:20134月から20154月までに、オーストラリアの CFS/ME研究データベースに登録した患者の医療記録の横断研究. 参加者はFukuda 基準およびInternationalConsensus Criteriaにより分類された。結果:primary carephysicianによってCFS/MEと診断された535人を同定。全患者の平均年齢は46.4(standard deviation 12.0); 大部分は女性(78.61%), 白人,および高学歴.そのうち, 30.28%Fukuda基準を満たす. さらに31.96%Fukuda基準とInternationalConsensus Criteriaの両方を満たす. 慢性疲労を報告する14.58%CFS/MEの基準を満たさず、23.18%は除外条件のために非該当. CFS/ME基準を満たす者の中で, 疾患の前に起こる最も多い出来事は風邪又はインフルエンザ、胃腸疾患および過度のストレスの期間。調査を行った60の症状のうち、疲労、認知症状、短期間の記憶症状、頭痛、筋痛と関節痛、爽快感のない睡眠、感覚障害、筋力低下、温度への極端な不耐性が最も多い症状(患者の2/3以上で報告).Fukuda基準で定義した患者とInternationalConsensus Criteriaで定義した患者の症状には有意差あり。

Clin Epidemiol.2016 May 17;8:97-107. doi: 10.2147/CLEP.S96797. eCollection 2016.

Epidemiological characteristics of chronicfatiguesyndrome/myalgic encephalomyelitis in Australian patients.

Johnston SC1, Staines DR2, Marshall-Gradisnik SM1.

  • 1National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia; School of Medical Sciences, Griffith University, Parklands, QLD, Australia.
  • 2National Centre for Neuroimmunology and Emerging Diseases, Menzies Health Institute Queensland, Parklands, QLD, Australia.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-06-13 20:48 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line