むずむず脚症候群に対するオピオイド(コクラン)

コクラン。主要な結果:オピオイド(oxycodone/naloxoneの徐放剤)と偽薬を比較した1つの無作為振り分け臨床研究(N = 304人を無作為に振り分け; 204人が完了し; 276人を解析).12週後, RSL症状は薬群の方が偽薬群よりも改善 (u IRLSSSを用いると:MD -7.0; 95% CI -9.69 to -4.31 およびCGIを用いると: MD -1.11; 95% CI -1.49 to -0.73). 薬群は偽薬群よりも多くの患者が薬反応者(IRLSSSを用いると: RR 1.82; 95% CI 1.37 to 2.42 およびCGIを用いるとRR1.92; 95% ICI 1.49 to 2.48).寛解者の割合は薬群の方が偽薬群よりも大きい(IRLSSSを用いると: RR 2.14; 95% CI 1.45 to 3.16). 生活の質の点数は薬群の方が偽薬群よりも改善 (MD -0.73; 95% CI -1.1to -0.36).睡眠の適切さ (MD -0.74;95% CI -1.15 to -0.33), および睡眠の量 (MD 0.89;95% CI 0.52 to 1.26)で計測した睡眠の質は薬群の方が改善.日中の眠気, trouble staying awakeduring the day, 又は日中の居眠りに関しては両群に差がなかった. 副作用は薬群に多かった(RR 1.22; 95% CI 1.07to 1.39). 主な副作用は胃腸の問題、疲労、頭痛。著者の結論:OpioidsRLS症状の治療に有効なようであるが, 安全性の問題に関しては決定的なデータがない。この結論は脱落率の高い一つの研究のみに基づく(中等度の質のエビデンス).

CochraneDatabase Syst Rev. 2016 Jun 29;6:CD006941. [Epub ahead of print]

Opioids for restlesslegs syndrome.

de Oliveira CO1, Carvalho LB, Carlos K, Conti C, de Oliveira MM, Prado LB, Prado GF.

  • 1Department of Neurology, Escola Paulista de Medicina, Universidade Federal de S?o Paulo, S?o Paulo, Brazil.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-04 20:35 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line