アセトアミノフェンは胃腸合併症を増加させる

Meta-analysisによると上部胃腸出血のオッズ比は2000 mg以下1.2(95%CI: 1.0-1.4)2000-3999 mg1.2(95%CI: 0.8-1.7)4000 mg以上1.0(95%CI: 0.5-1.9)[24]

24) Lewis SC, Langman MJ, Laporte JR,Matthews JN, Rawlins MD, Wiholm BE: Dose-response relationships betweenindividual nonaspirin nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NANSAIDs) andserious upper gastrointestinal bleeding: a meta-analysis based on individualpatient data. Br J Clin Pharmacol. 54: 320-326, 2002.


しかし、このメタ解析の後に以下の論文が出ました。

Nested case control studyではparacetamol使用は上部消化管の合併症の危険性がわずかに高くなる (relative risk (RR), 1.3; 95% confidence interval (CI), 1.1-1.5). 12gを超えると相対危険度は3.6 (95%CI, 2.6-5.1) であるがそれより少ないと危険性は増加しない。そして、系統的総説とメタ解析では1.3 (95% CI, 1.2-1.5)[61]

96万人を対象にした研究を用いたnested case-control study2105人の患者と11500人の対照)によると上部胃腸合併症の危険性の相対危険度はアセトアミノエン2g/日未満であれば0.995%CI: 0.8-1.1)であるが2g/日以上であれば3.7(95%CI: 2.6-5.1)である[62]。非アスピリンNSAIDと2g/日未満のアセトアミノフェンの併用による上部胃腸合併症の危険性の相対危険度は4.1(95%CI:3.0-5.7)であり、非アスピリンNSAIDと2g/日以上のアセトアミノフェンの併用による上部胃腸合併症の危険性の相対危険度は16.6(95%CI: 11.0-24.9) [62]

カナダのケベックで、地域を対象にした後ろ向きコホート研究。65歳以上でacetaminophen 又は通常のNSAID(tNSAID)を飲んだ者が対象。644,183人の老人が対象。1,778,541件のtNSAIDs処方 (315,222 17.7%PPI併用), 158,711件はtNSAID acetaminophenの併用(40,797 25.7% PPI併用), 1,597,725件は acetaminophen(> 3 g/) (504,939, 31.6% PPI併用), そして3,641,140件は acetaminophen (3 g/日以下) (1,031,939, 28.3% PPI併用). PPIsを内服していない患者の中で, 胃腸症状での入院(上部または下部胃腸路の潰瘍、穿孔、出血)の危険性はacetaminophen (3g/日以下)と比較するとacetaminophen(> 3 g/)ではhazardratio [HR]1.20 (95% CI 1.03-1.40), tNSAIDs では1.63 (1.44-1.85), そしてtNSAID acetaminophenの併用では 2.55(1.98-3.28)PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較するとPPIsを内服しているacetaminophen(3 g/日以下)では0.95(0.81-1.11)PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較すると、PPIsを内服するacetaminophen (> 3 g/)では1.16 (0.94-1.43),PPIsを内服するtNSAIDs では1.07 (0.82-1.39), そしてPPIsを内服するtNSAID acetaminophenの併用では 2.15(1.35-3.40)。アセトアミノフェン(> 3 g/)は痛みが強い者に大量の処方をしただけかもしれない。NSAIDのクラス、併用、投与量、継続投与と間欠投与の差は考慮せず。PPIsを内服していないacetaminophen (3 g/日以下)と比較するとPPIを併用するacetaminophen(> 3 g/)の上部消化管での胃腸症状での入院は0.98 (0.76-1.26)であり下部消化管での胃腸症状での入院は1.77(1.22-2.58)であり、上部胃腸は守っても下部消化管は守らないように思える。PPIを飲んでいない者に比べるとPPIを飲んでいる者の下部消化管症状での入院の危険性は各薬物で61-71%高い(危険性の高い人にPPIを処方しているのかも)[63]

65歳以上の人を対象にした後ろ向きコホート研究。消化管事象 (入院、潰瘍、消化不良、胃腸の予防?prophylaxis) NSAIDコホートは26,978 人、acetaminophenコホートは 21,207人。NSAIDs と比較したacetaminophen利用の決定因子(odds ratio [95% confidenceinterval])は最近の入院 (8.6 [7.7-9.5]), 抗凝固治療の併用 (3.2 [2.7-3.8]), 85歳を超える (2.3[2.1-2.4]), 以前消化管事象があった、特に入院が必要であった(14.6 [11.7-18.7])。胃腸症状による入院、潰瘍、消化不良の修正していない率はNSAIDコホートよりもacetaminophenコホートの方がむしろ高かった。(胃腸症状による入院、潰瘍、消化不良などの)傾向点数で補正すると高用量のacetaminophenを使用する患者 (2,601–3,250 or >3,250 mg/day) は低用量のacetaminophenを使用する患者と比べると消化管事象を経験しやすい (2,600 mg/day) (RR 1.27 [95% CI 1.13–1.43] および1.34 [95% CI 1.15–1.54])。高用量のacetaminophen使用者は高用量のNSAIDs使用者と同程度の割合の消化管事象を経験する(RR 0.98 [95% CI 0.85–1.13])。高用量NSAIDに対するAcetaminophenによる消化管事象の発生率の割合は≦650 mg/dayRR 0.59, 95%CI 0.51–0.69)、651–1,300 mg/dayRR 0.73, 95%CI 0.66–0.81)、1,301–1,950 mg/day RR 0.78, 95%CI 0.71–0.86)、1,951–2,600 mg/dayRR0.73, 95%CI 0.67–0.80)、2,601–3,250 mg/day RR0.93, 95%CI 0.82–1.05)、>3,250 mg/dayRR0.98, 95%CI 0.85–1.13)、NSAIDAcetaminophenの併用は(RR1.13, 95%CI 1.01–1.27[64]

61) Gonzalez-Perez A, Rodriguez LA: Uppergastrointestinal complications among users of paracetamol. Basic Clin PharmacolToxicol. 98: 297-303, 2006.

62) Garcia Rodriguez LA, Hernandez-Diaz S:The risk of upper gastrointestinal complications associated with nonsteroidalanti-inflammatory drugs, glucocorticoids, acetaminophen, and combinations ofthese agents. Arthritis Res. 3: 98-101, 2001.

63) Rahme E, Barkun A, Nedjar H, Gaugris S,Watson D: Hospitalizations for upper and lower GI events associated withtraditional NSAIDs and acetaminophen among the elderly in Quebec, Canada. Am JGastroenterol. 103: 872-882, 2008.

64) Rahme E, Pettitt D, LeLorier J:Determinants and sequelae associated with utilization of acetaminophen versustraditional nonsteroidal antiinflammatory drugs in an elderly population.Arthritis Rheum. 46: 3046-3054, 2002.


アメリカリウマチ学会はアセトアミノフェンを
4000mg
まで使用することを推奨していますが、私は6164の論文を引用し、アセトアミノフェンの使用は本当に安全かと公開質問状(letter to the editor)を出しました。しかしそれに対する回答はありません。科学の業界では、公開質問状(letter to the editor)に回答しないことは敗北を意味します。学会のガイドラインに対する公開質問状(letter to the editor)に回答しないことは異例中の異例です。私の論文は全文ダウンロード可能です。http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/acr.21843/epdf

ArthritisCare Res (Hoboken). 2013 Feb;65(2):325-6. doi: 10.1002/acr.21843.

Is acetaminophen at daily doses of 2,000mg and higher safe? Comment on the article by Hochberg et al.

Toda K.

Comment on


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-17 09:51 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line