胃十二指腸潰瘍の危険因子

緊急の胃十二指腸潰瘍の病因と危険因子を評価。方法:theUniversity Clinic for Digestive Surgery およびtheUniversity Clinic for Gastroenterohepatologyで治療を受けた胃十二指腸潰瘍の緊急で生命を脅かすすべての合併症の、無作為に選択した67人の患者の前向き研究。血清中のHelicobacter pyloriに対するIgG抗体の力価およびNSAIDおよびaspirinの使用を調べた.ニコチンとアルコールの使用を調べた。これらの要因以外に性別と年齢を考慮した。結果:Helicobacter pyloriの血清学的な検査では 89.6%が陽性. 31.3% NSAID16.4% aspirinを使用.65.7%が喫煙者であり、25.4%が飲酒. 性別の点では,83.6%が男性であり16.4%が女性。最も多い年齢帯は4160 歳であり40.3%、そして6180歳で 35.8%。まとめ:緊急胃十二指腸潰瘍におけるHelicobacter pyloriの存在は異常に高く、89.6%. NSAIDおよび aspirinは本疾患の病因に影響する。喫煙は有意な危険因子。飲酒は少ないが、依然として重要な要因。

Pril(Makedon Akad Nauk Umet Odd Med Nauki). 2015 Dec1;36(2):203-210. doi: 10.1515/prilozi-2015-0068.

Etiological Factors in Urgent GastroduodenalUlcer.

Begovic G, Selmani R.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-07-24 18:38 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line