自閉症の危険因子

総説。自閉症{じへいしょう}スペクトラム障害(Autism spectrum disorderASD)すべての子供の約1%が罹患。総説。妊娠中の母親の疾患の中で、ASDと関連する物は糖尿病 (PGDM and/or GDM), anti-β2GP1 IgG抗体を持つ抗リン脂質抗体症候群(antiphospholipidsyndromeAPLS)およびanti-thyroid peroxidase (TPO)抗体を持つ甲状腺疾患のようないくつかの母親の自己免疫疾患, 子癇前症および胎児の脳の発達に影響するかもしれないIgG抗体を持つその他のいくつかの自己免疫性疾患。その他の関連する要因は母親の感染 (胎児の脳障害を伴う風疹およびCMVおよびもしかすると発熱を伴うインフルエンザ), 延長した発熱と母親の炎症,胎盤を通過し胎児の脳に影響する様々な炎症サイトカインと抗体の変化と特に関連。薬の中では、バルプロ酸、サリドマイド、misoprostol,そしてSSRIsの可能性.β2-adrenergic 受容体作動薬とparacetamolASDの最近の増加率と関連するが、データが予備的すぎ結論が出ない.エタノール、コカイン、そしてもしかすると重金属、重度の喫煙、および葉酸欠乏も関連する。最近の研究によると、妊娠中の農薬や大気汚染、特に直径< 2.5および 10 μm の粒子状物質(PM2.5 およびPM10)への重篤な暴露もASDと関連. 最後に、この総説で述べられた関連の多くは部分的に証明されたのみであり、すべてではないが異なる交絡因子では"問題なし"になることに留意すべき。

Front Neurosci. 2016 Jul6;10:316. doi: 10.3389/fnins.2016.00316. eCollection 2016.

Genetic Syndromes, Maternal Diseases andAntenatal Factors Associated with Autism Spectrum Disorders (ASD).

Ornoy A1, Weinstein-FudimL1, Ergaz Z2.

  • 1Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew University Jerusalem, Israel.
  • 2Laboratory of Teratology, Department of Medical Neurobiology, Hadassah Medical School, Hebrew UniversityJerusalem, Israel; Department of Neonatology, Hadassah-Hebrew University Medical CenterJerusalem, Israel.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-03 21:21 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line