NSAIDは食後内服が優れている

これは、様々な原因の痛みに対してNSAIDsのみを摂取した160人の患者の無作為振り分け、対照、試験的研究。患者を無作為にGroup I (対照群) -NSAID食後(After FoodAF), Group II-NSAID食前(Before FoodBF), GroupIII-NSAIDBF2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 AF (CO-1) 、およびGroup IV-NSAIDAF 2日間行いその後クロスオーバーで次の2日間 BF (C0-2 group)に振り分けた. Group III およびGroup IV は最初の2日間の後にwashout期間を48時間あけた。全員次の薬を飲まない2日間経過観察。研究を通してgastritis(胃部不快感, 心窩部痛, 吐気, 胃の膨満感, 繰り返しの逆流) の発生を調べた。消化器症状はgroup I およびIIで各々6.45%(2 /31) 36.11% (13/36) であった。gastritisの発生に関してはAF群には有意差はなかった。しかし、BF群とNSAIDAF摂取[CO-1 (AF), CO-2 (A.F), AF (対照群)]の間には統計的に有意差があった(P<0.05. まとめ:食事の開始時にNSAIDsを摂取することは gastritisの発生が低いことにより耐用性があると示された。

Rev Recent Clin Trials. 2016 Aug 1.[Epub ahead of print]

Dilemma of Timing of Administration of Non-SteroidalAnti-inflammatory Agents in Relation to Food in the Prevention ofGastritis: Debusting the Myth.

UdaykumarP1, UdaykumarK,ScandashreeK,Anurag K.

  • 1Department of Pharmacology, Fr Muller Medical College, Kankanady, Mangalore 575002, India. padmajaudaykumar@gmail.com.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-08-07 12:39 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line