慢性疲労諸侯群の青少年は肥満が多い


UK小児 CFS/myalgic encephalomyelitis (CFS/ME) サービスのデータをthe Avon Longitudinal Study of Parents and Children (ALSPAC)の2時点で集めたデータと比較。患者:2004年から2014年までにCFS/ME専門家サービスを受診した1685人の青少年とALSPAC研究に参加した13歳と16歳の13 978人の青少年。主要な結果:BMI (kg/m2), 性特異的および年齢特異的BMI Z-scores (the International Obesity Task Forceカットオフと比較して)および肥満の有病率(%)。結果:CFS/ME専門家サービスを受診した青少年は肥満の有病率が (13歳: 9.28%;16歳: 16.43%) ALSPAC内でCFS/MEと診断された青少年 (13歳: 3.72%;16歳: 5.46%) およびALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった青少年 (13歳: 4.18%;16歳: 4.46%)よりも高かった。専門家サービスを受診した者における肥満のオッズの増加 (ALSPAC内でCFS/MEと診断されなかった者と比較して) は13歳 (OR: 2.31 (1.54 to 3.48)) および16 歳で明確であり, 16歳で見られた可能性が高い(OR: 4.07 (2.04 to 8.11)).
Arch Dis Child. 2016 Sep 21. pii: archdischild-2016-311293. doi: 10.1136/archdischild-2016-311293. [Epub ahead of print]
Obesity in adolescents with chronic fatigue syndrome: an observational study.
Norris T1, Hawton K2, Hamilton-Shield J2, Crawley E3.
•1School of Social & Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
•2NIHR Bristol Biomedical Research Unit in Nutrition and University of Bristol, Bristol, UK.
•3Centre for Child and Adolescent Health, School of Social and Community Medicine, University of Bristol, Bristol, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-02 16:37 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line