パキシルによる認知機能障害(認知症の増加)


叙述的総説で抗コリン作動薬と認知症の関連を述べた。4つの研究で、抗コリン作動薬使用と一次的な結果としての認知症を述べた。3つの研究は、抗コリン作動薬使用に焦点を当てアルツハイマー病又は認知症の有意な危険性の増加を報告。一つの研究で、認知症の危険性は累積量が高いとみられ; 高齢者では有効性を示す最小量の抗コリン作動薬の使用が推奨され、少なくとも3年間使用すると危険性が最も高い。これに対して、老人ホームのうつ病患者で行われた研究によると、 paroxetine [高い抗コリン性のSSRI]はその他のSSRIs (抗コリン活性がない)と比較して認知症の危険性を高める.
Ther Adv Drug Saf. 2016 Oct;7(5):217-224. Epub 2016 Jul 18.
Anticholinergic medication use and dementia: latest evidence and clinical implications.
Gray SL1, Hanlon JT2.
•1School of Pharmacy, Health Sciences Building, H-361D Box 357630, University of Washington, Seattle, WA 98195-7630, USA.
•2Division of Geriatrics, Department of Medicine, School of Medicine, Department of Pharmacy and Therapeutics, School of Pharmacy, and Department of Epidemiology, School of Public Health, University of Pittsburgh, Pittsburgh, PA; Geriatric Research, Education, and Clinical Center and Center for Health Equity Research and Promotion, Veterans Affairs Pittsburgh Healthcare System, Pittsburgh, PA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-10 10:25 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line