複合性局所疼痛症候群における中枢性疼痛

方法:160人の CRPS患者の横断的解析を新しい患者を評価する際に痛み、負の気分、機能の有効な計測方法を用いて行った。The 2011 FibromyalgiaSurvey Criteriawidespreadbody painおよび併存症状 (例えばtrouble thinking,頭痛)の有効な自己報告の計測方法. 計測はcentralizedpain symptoms(中枢性疼痛症状)の代理として使用. 単変量解析および多変量線形回帰モデルを用いて患者の特徴CRPSの期間の関連を評価した。結果:コホートを出来事の発生からの期間に基づき三分位に分け (<12か月; 1-3;>3)単変量比較. 痛み、気分、および機能のその他の計測とは異なり、FM疫学点数は有意に症状の期間と関連。年齢と性別で補正した多変量モデルでは, 誘発する出来事からの1年ごとに、FM疫学点数は0.28増加する(Est0.28; 95%信頼区間, 0.11-0.46;P = 0.002). この所見は自己報告のCRPS症状の広がりとは異なっており、それは誘発する出来事からの時間に基づいたものとは異なる。まとめ:我々の所見によると、罹病期間の長いCRPS患者はcentralized painを示す症状を報告しやすい. このデータは、罹病期間の長いCRPS患者はなぜ末梢に焦点を当てた治療に反応しないのかの説明になるかも。

Reg Anesth Pain Med. 2016 Oct11. [Epub ahead of print]

Time Since Inciting Event Is Associated WithHigher Centralized Pain Symptoms in Patients Diagnosed With Complex RegionalPain Syndrome.

GolmirzaieG1, HollandLS,Moser SE, Rastogi M, HassettAL,BrummettCM.

  • 1From the Division of Pain Medicine and the Back and Pain Center, Department of Anesthesiology, University of Michigan, Ann Arbor, MI.



[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-24 21:04 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line