5%リドカイン薬用湿布のCRPSを含む神経障害性疼痛への有効性

方法:これはスペインの三次病院の特異的疼痛ユニットでの単一施設の、前向き、観察研究。長期間の末梢性神経障害性疼痛の56人の患者(10人のCRPSを含む)が鎮痛治療に6か月間5% lidocaine-薬用湿布を追加使用。結果:6か月の治療後、numeric rating scale (NRS)で計測した疼痛の強さが50%以上軽減した患者は75%。NRSの平均点数はベースラインの平均の7.8から最終評価時の平均3.1へ61%低下(4.7). CRPS群では著しい改善: 10人中6人でNRS点数は50%以上軽減し, NRSの平均点数はベースラインの平均の7.9から最終評価時の平均3.951%低下(4.0)。痛みの強さの改善は、部分的には障害指数や不安レベルの低下に言い換えられる。

J Pain Res.2016 Oct 6;9:763-770. eCollection 2016.

5% Lidocaine-medicated plaster for thetreatment of chronic peripheral neuropathic pain: complex regional painsyndrome and other neuropathicconditions.

Calderón E1, Calderón-Seoane ME2, García-Hernández R1, Torres LM1.

  • 1Pain Unit, Anesthesiology Department, Puerta del Mar University Hospital.
  • 2Health Center North-Algeciras, Cadiz, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-10-30 11:47 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line