神経障害性疼痛に対するベンラファキシン(イフェクサー)の有効性の系統的総説

神経障害性疼痛に対するベンラファキシンの有効性の系統的総説。結果: 13の研究を総括. 研究の大部分では、偽薬に比べるとvenlafaxine を使用すると神経障害性疼痛を臨床的に有意に軽減する。さらに、一つの研究は、高用量のvenlafaxine (少なくとも150?mg)を用いると有意に痛みを軽減する。しかし, その他の神経障害性疼痛の治療薬と比較すると、venlafaxineは効果の点で優れてはいなかった。まとめ:まとめとして,神経障害性疼痛の治療においてvenlafaxineは安全で耐用性のあるくすりであり,高用量のvenlafaxine (150?mg/day)は有用であるという制限されたエビデンスがある。

Pain Med. 2016 Nov11. pii: pnw261. [Epub ahead of print]

Treatment of Neuropathic Pain withVenlafaxine: A Systematic Review.

Aiyer R1, Barkin RL2, Bhatia A3.

  • 1Department of *Psychiatry, Hofstra Northwell Health, Staten Island University Hospital, Staten Island, New York, USA rohitaiyer@gmail.com.
  • 2Department of Anesthesiology, Family Medicine, and Pharmacology, Rush Medical College, North Shore University Health System Pain Centers Evanston and Skokie Hospital, Skokie, Illinois, USA.
  • 3Department of Anesthesiology, Hofstra Northwell Health, Staten Island University Hospital, Staten Island, New York, USA.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-15 08:57 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line