慢性疲労症候群に対する鍼と灸の効果

54人のCFS患者を集めて、無作為に3群に分けた.対照群(control groupCG, n = 15) および鍼群(acupuncturegrouAG, n = 15)manipulation(用手的な)鍼治療を受け、灸群moxibustion groupMG, n = 15)は間接的な灸治療を受けた. 一次的な結果はthe FatigueAssessment Instrument (FAI)の点数。二次的な結果は、自律神経系の活動を反映することのできる心拍変動(heart ratevariabilityHRV)変数。この研究は瞬間的な変化と長期間の効果の両方と見なされる. 3つの群において、FAI点数は4回目と10回目の治療の後に低下。MG群におけるFAIの低下はAG群のそれよりも大きかった. 鍼はHRVの瞬間的な変化により効果があり、灸は長期効果の面でより効果があった。鍼と灸の両方はCFS患者の疲労をより改善したが, 灸の方がより効果的であった. 治療の機序のは迷走神経の活性化かもしれない。灸の方が鍼よりもCFSの長期治療としてはより効果的であった。

Sci Rep. 2016 Nov 25;6:37846. doi:10.1038/srep37846.

Acupuncture and Moxibustion have DifferentEffects on Fatigueby Regulating the Autonomic Nervous System: A Pilot Controlled Clinical Trial.

Shu Q1,2, Wang H1,2, Litscher D3, Wu S1,2, Chen L1,2, Gaischek I3, Wang L3, He W1,2, Zhou H1,2, Litscher G1,2,3, Liang F1,2.

  • 1Acupuncture &Moxibustion Institute, Hubei University of Chinese Medicine, Wuhan (430061), China.
  • 2Hubei Provincial Collaborative Innovation Center of Preventive Treatment by Acupuncture &Moxibustion, Wuhan (430061), China.
  • 3TCM Research Center Graz, Research Unit for Complementary and Integrative Laser Medicine, Research Unit of Biomedical Engineering in Anesthesia and Intensive Care Medicine, Medical University of Graz, Graz (8036), Austria.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-11-27 16:33 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line