慢性疲労症候群に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激

7人のCFS患者へ背外側前頭前皮質(dorsolateralprefrontal cortexDLPFC)への3日間の促進、高周波、繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitive transcranial magnetic stimulationrTMS)を行った。5人の患者は3日間のプロトコールを副作用なく終了。その他の2人では、軽度の副反応のために刺激強度を弱める必要があった。大部分の患者では、治療により疲労症状が改善した。DLPFCへの高周波rTMS CFSへの有用な治療になり得る。

InternMed. 2016;55(23):3515-3519. Epub 2016 Dec 1.

High-frequency rTMS for the Treatment of ChronicFatigueSyndrome: A Case Series.

Kakuda W1, Momosaki R, Yamada N, Abo M.

  • 1Department of Rehabilitation Medicine, The Jikei University School of Medicine, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-06 22:08 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line