線維筋痛症に対する繰り返し経頭蓋磁気刺激の効果:メタ解析

繰り返し経頭蓋磁気刺激(repetitivetranscranial magnetic stimulationrTMS)FMに対する効果のメタ解析。成人FM患者における無作為対照研究を含んだ。結果は疼痛の程度の変化。the Cochrane Collaboration Back ReviewGroup内のtheGuidelines for Systematic Reviewsで報告された尺度を用いて方法論の質を評価した. A random-effectsmeta-analysis was carried out with a test for heterogeneity using the I and pooledestimate as a nonstandardized mean of difference in change in pain severity measures by a numeric rating scale.調査により791の記録,8つの関連のあるおよび7つのメタ解析を同定。7つの研究では、偏りの危険性は低かった。刺激前から最後の刺激後で疼痛の程度は010numericrating scale-1.2点低下 (95%信頼区間:-1.7 to -0.8). 刺激前から、最後の刺激後1週から1か月前に、疼痛の程度は-0.7 点低下(95%信頼区間: -1.0 to -0.3). 両方の統合した結果は最小限の臨床的に重要な差の1.5点を下回っていた。FM患者の疼痛の程度を軽減することにおいて、 rTMSは偽刺激よりも有効ではないという中等度のエビデンスがあり、この治療方法をFMの治療にルーチンに使用することには疑問が生じる。

Int JRehabil Res. 2016 Dec 13. [Epub ahead of print]

Effectiveness of repetitive transcranialmagnetic stimulation in patients with fibromyalgia:a meta-analysis.

SaltychevM1, Laimi K.

  • 1Department of Physical and Rehabilitation Medicine, Turku University Hospital, University of Turku, Turku, Finland.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-20 21:01 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line