むずむず脚症候群に対するropinirole 治療はbupropion および鉄―葉酸治療の効果

方法:RLSと診断された患者を無作為に、各群30人の3群に振り分けた(Group A: Bupropion [300 mg/day], Group B: Ropinirole [0.25-0.5 mg/day], およびGroup C: Oral iron [150 mg 元素鉄] と葉酸[500μg]併用). 各参加者は、各々、the International Restless LegsScale (IRLS) severity rating scale およびRestless Legs Syndrome Quality ofLife (RLSQoL) Questionnaire, に基づき、ベースラインのRLSの程度およびRLSに関連した生活の質を評価され, その後14日ごとに6週まで評価された。結果:IRLS点数はベースラインから最終時点までで有意差あり (F =4.85; P = 0.01)。時間 x 治療群の関連は有意であり(F = 10.37; P< 0.001)、全群の治療で改善。Pair-wise比較によると、IRLS scoreの点で、ropinirole群はその他の2群とは差があり(F= 7.06; P = 0.001), それらはお互いに同等. 生活の質に関しては、4回の受診すべてで、各群内で異なっていた(F =5.12; P = 0.002). IRLSとは異なり, RLSQOLscores はすべての時点で各群間には有意差はなかった (F =1.2; P = 0.28).まとめ:RLSの程度は3群すべてで経時的に低下したが、ropinirole 治療はbupropionおよび鉄―葉酸治療よりも優れていた。さらにRLSに関連した生活の質は全群で改善し, 3群の間では同等。
2016 Oct-Dec;19(4):472-477.

A double-blind, randomized, controlled trial tocompare the efficacy and tolerability of fixed doses of ropinirole, bupropion,and iron in treatment of restless legs syndrome(Willis-Ekbom disease).

Vishwakarma K1, Kalra J2, Gupta R3, Sharma M4, Sharma T2.

  • 1Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India; Department of Pharmacology, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.
  • 2Department of Pharmacology, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 3Department of Psychiatry and Sleep Clinic, Himalayan Institute of Medical Sciences, Dehradun, Uttarakhand, India.
  • 4Department of Community Medicine, TMMC and RC, Moradabad, Uttar Pradesh, India.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 12:38 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line