統合失調症で退院時のベンゾジアゼピン系抗不安薬処方量が多いと再入院までの期間が短くなる

方法:この後ろ向き研究では、東京医科大学病院を20091月から20122月までに退院した統合失調症患者を対象にした。退院後2年を超えて治療を継続した108人の患者を研究に含めた。臨床的な特徴、BZPsや抗精神病薬などの処方された薬の量、退院時のGlobal Assessment ofFunctioning scoresを調べた。 一次的な結果はすべての理由による再入院。結果:統合失調症患者108人中、44 (40.7%)は研究期間の2年間に再入院。コックス比例ハザードモデルを用いた多変量解析によると、教育歴が短い者(hazardratio =2.43, P=0.032), 統合失調症の発症年齢が若い者(hazardratio =2.10, P=0.021), およびdiazepam-等価投与量が高い者 (hazardratio =6.53, P=0.011) は退院後再入院までの期間が有意に短い.

Neuropsychiatr Dis Treat. 2016 Dec15;12:3243-3247. doi: 10.2147/NDT.S118759. eCollection 2016.

Association between the high-dose use of benzodiazepinesand rehospitalization in patients with schizophrenia: a 2-year naturalisticstudy.

Takita Y1, Takaesu Y1, Ono K1, Futenma K1, Shimura A1, MurakoshiA1, Komada Y2, Inoue Y3, Inoue T1.

  • 1Department of Psychiatry.
  • 2Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.
  • 3Department of Psychiatry; Department of Somnology, Tokyo Medical University, Tokyo, Japan.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2016-12-25 13:08 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line