線維筋痛症の有病率:総説


2005年から2014年まで、MEDLINE, Web of Science, Embase, LILACS andSciELO データベースで3274の記録を同定。 5人の研究者が研究を選別し、含める基準に従った: FMの有病率を調べた研究. 疾患に関連したFMの研究は除外した。演題名と抄録で選別すると、2073の無関係の論文を除外. 210のフルテキストの論文を該当するかどうか評価しこの総説では39の研究を含み、41の論文. 選別した研究は4つのカテゴリーに分類: a) 一般人口におけるFMの有病率; B) 女性におけるFMの有病率;C)田舎地域と都会地域のFMの有病率; D) 特別な人口でのFMの有病率. 文献によると一般人口のFMの有病率は0.2%から6.6%, 女性では2.4%から6.8%, 都会地域では0.7%から11.4%, 田舎地域では0.1%から 5.2%, そして特別な人口では0.6%から15%. この論文の総説によると、世界中のFM有病率の研究は有意に増加. 新しい2010 American College of Rheumatology 基準は広くは用いられておらずthe COPCORD(Community-oriented program for control of Rheumatic Diseases)の方法論は全般的なリウマチ性疾患の有病率の研究の質を向上させた。

Rev Bras Reumatol. 2016 Dec18. pii: S0482-5004(16)30174-7. doi: 10.1016/j.rbr.2016.10.004. [Epub ahead ofprint]

Prevalence of fibromyalgia:literature review update.

[Article in English, Portuguese]

MarquesAP1, Santo AS1, BerssanetiAA1, MatsutaniLA1, Yuan SL2.

  • 1Universidade de S?o Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, S?o Paulo, SP, Brasil.
  • 2Universidade de S?o Paulo (USP), Faculdade de Medicina, Departamento de Fisioterapia, Fonoaudiologia e Terapia Ocupacional, S?o Paulo, SP, Brasil. Electronic address: susanlkyuan@yahoo.com.br.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-09 15:15 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line