抗うつ薬摂取による先天異常

データはthe QuebecPregnancy Cohort (QPC)から得た。抑うつ又は不安と診断され、妊娠前の12か月で抗うつ薬に暴露され生産単胎で終了の全妊娠を含めた。結果の計測:抗うつ薬のclasses(SSRI, SNRI, TCAおよびその他の抗うつ薬) typesを個別で第1三分期の間に非暴露(抑うつであるが無治療)と比較。出生の最初の年での大きな先天異常全体および臓器特異的な先天異常を同定。結果:18 487人の妊婦。第1三分期の間に使用した抗うつ薬の特異的なタイプを調べると, citalopramのみが大きな先天異常の危険性が増加したが(補正したOR, (aOR) 1.36, 95% CI 1.08 to 1.73; 88の暴露例),最も頻繁に使用された抗うつ薬で危険性が増加する傾向.セロトニン再吸収阻害効果のある抗うつ薬 (SSRI, SNRI, amitriptyline (最も使用されたTCA)) では限定した特異的欠陥の危険性が増加: paroxetine では心臓の欠陥(aOR 1.45, 95%CI 1.12 to 1.88), および心室/心房中隔欠陥(aOR 1.39, 95% CI 1.00 to 1.93) の危険性が増加; citalopramでは筋骨格欠陥 (aOR 1.92, 95% CI 1.40 to 2.62),および頭蓋骨癒合症(aOR 3.95, 95% CI 2.08 to 7.52) の危険性が増加; TCAでは目、耳、顔および頸の欠陥(aOR 2.45, 95%CI 1.05 to 5.72), および消化器の欠陥 (aOR 2.55,95% CI 1.40 to 4.66)と関連; およびvenlafaxineは呼吸器欠陥 (aOR 2.17, 95% CI 1.07 to 4.38)と関連.

BMJ Open. 2017 Jan12;7(1):e013372. doi: 10.1136/bmjopen-2016-013372.

Antidepressant use duringpregnancy and the risk of major congenital malformations in a cohort ofdepressed pregnant women: an updated analysis of the Quebec Pregnancy Cohort.

Bérard A1,2, Zhao JP1,2, Sheehy O1.

  • 1Research Center, CHU Sainte-Justine, Montreal, Quebec, Canada.
  • 2Faculty of Pharmacy, University of Montreal, Montreal, Quebec, Canada.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-18 18:46 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line