PPIによる下部消化管障害

PPIsは酸関連疾患の治療の道標であり、危険性の高い患者にNSAIDs又は低用量aspirinを用いた治療の上部胃腸出血を防ぐための中心である。しかし、この恩恵は下部胃腸路には広げられない。 PPIsNSAID 又はaspirin-に関連した下部胃腸出血(lower gastrointestinal bleedingLGB)を防がない.PPIsは、 NSAIDsおよび低用量aspirin治療に関連した小腸障害およびLGBの危険性を増加させるかもしれない。最近の研究によると、PPIsによる腸管微生物叢の変化がNSAID-腸疾患の原因になるかも. LGBによる入院率の増加は合併疾患がより多い高齢者でより頻繁に起こるのかもしれず、病院資源のより多い使用、長期の入院、および死亡率の増加と関連する。NSAID およびaspirin-に関連した胃腸出血の予防方法は上部および下部胃腸障害の予防に向かうべきである。将来の研究は、不適切なPPI処方を避けるために、NSAIDs又はaspirinの使用に関連した胃腸の出来事の危険性が低い患者を同定する方向に向かうべきである。あるいは, これらの患者における上部および下部胃腸出血の危険性を減らす目的で、新しい薬物治療の効果は危険性の高い群で評価されるべきである。

World J Gastroenterol. 2016 Dec28;22(48):10477-10481. doi: 10.3748/wjg.v22.i48.10477.

Protons pump inhibitor treatment and lower gastrointestinalbleeding: Balancing risks and benefits.

Lué A1, Lanas A1.

  • 1Alberto Lué, Angel Lanas, Digestive Diseases Service, University Clinic Hospital Lozano Blesa, Avenida San Juan Bosco, 50009 Zaragoza, Spain.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-23 20:21 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line