神経障害性疼痛の選別指標の限界

the Self-completed douleur neuropathique 4(S-DN4), the ID Pain, the painDETECT questionnaire (PDQ), およびthe Self-completed Leeds Assessment of neuropathicSymptoms and Signs (S-LANSS)アンケート。方法:これは、下肢痛のある又はない慢性腰痛症(CLBP)患者での、単一施設、横断研究。参加者は最初に医師により通常の診察で神経障害性疼痛の要素(neuropathic paincomponentNePC)の存在を調べられ、その後選別アンケートで調べられた。医師の行った診断を標準と仮定して、これらのアンケートの正確さを比較した。結果;215 人のCLBP患者中、164 (76.3%, 95% CI, 70.2-81.5) NePCあり.S-DN4, ID Pain, およびPDQ area under the curve (AUC) > 0.8であり、優れた鑑別を示した. しかし、S-LANSS ではAUC0.69 (0.62-0.75)であり, 鑑別が低いことを示す. S-DN4ID Pain(d(AUC) = 0.063, P < 0.01)およびS-LANSS (d(AUC) = 0.197, P < 0.01)よりも有意にAUCが高い. しかしS-DN4AUCPDQのそれとは有意差はない (d(AUC) = 0.013, P= 0.62).まとめ:S-DN4, IDPain, およびPDQは、CLBP患者におけるNePCsの選別に良好な鑑別の有用性があったが, S-LANSSはそうではなかった。すべての検査を用いても、NePC患者の20-30%は見落とされた。そのため、これらのアンケートはNePCsを選別する最初の手がかりとして用いられるべきであり, 臨床的な判断に代えてはならない。

Korean J Pain. 2017Jan;30(1):51-58. doi: 10.3344/kjp.2017.30.1.51. Epub 2016 Dec 30.

Usefulness of four commonly used neuropathicpain screening questionnaires in patients with chronic low back pain: across-sectional study.

Gudala K1, Ghai B2, Bansal D1.

  • 1Department of Pharmacy Practice, National Institute of Pharmaceutical Education and Research, SAS Nagar (Mohali), Chandigarh, India.
  • 2Department of Anesthesia and Intensive Care, Post Graduate Institute of Medical Education and Research, Chandigarh, India.

[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-01-29 15:03 | 神経障害性疼痛
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line