線維筋痛症における偽薬効果のメタ解析

FMにおける偽薬効果と決定因子の無作為振り分け対照研究(randomised controlled trialsRCTs)のメタ解析。文献検索から3912の研究を同定。精査の後、229の研究が含まれる基準を満たした。無作為振り分け対照研究(randomisedcontrolled trialsRCTs)により偽薬を受けた参加者は無治療の患者(観察のみまたは待機リスト)よりも疼痛、疲労、睡眠の質、身体機能、およびその他の主要な結果が有意に改善した。鎮痛における偽薬の効果の大きさ(effect sizeES)は臨床的に中等度(0.53, 95%CI 0.48 to 0.57).活性治療の強さが増えるに従い、患者の年齢とベースラインの疼痛強度が増える従い、ESが増加したが、女性が多いRCTSFMの罹病期間が長くなるとESは低下した。さらに、FMにおいてRCTsにおける偽薬治療は有効。要因(期待された治療の強さ、年齢、性別、疾患の期間)の数はFMにおける偽薬効果の強さに影響するようである。{Chen, 2017 #7077}

Clin Rheumatol. 2017 Mar 15. doi:10.1007/s10067-017-3595-8. [Epub ahead of print]

The placebo effect and its determinants in fibromyalgia: meta-analysis of randomised controlledtrials.

Chen X1, Zou K1, AbdullahN1, WhitesideN1, SarmanovaA1, Doherty M1, Zhang W2.

1

ArthritisResearch UK Pain Centre, Academic Rheumatology,Division of Rheumatology, Orthopaedics and Dermatology, University of Nottingham,Nottingham, UK.

2

ArthritisResearch UK Pain Centre, Academic Rheumatology,Division of Rheumatology, Orthopaedics and Dermatology, University ofNottingham, Nottingham, UK. weiya.zhang@nottingham.ac.uk.


[PR]

by fibromyalgia11 | 2017-03-19 19:35 | FMの薬物治療総論
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line